新規会員登録
ファンクラブについて
お問い合わせ
ID
PASS
*パスワードを忘れた方


俳優コンミョンが4次元の魅力を披露し虜にした。

7日初放送されたKBS水木ドラマ『死んでもいい(原題)』(脚本イム・ソラ/演出イ・ウンジン、チェ・ユンソク/制作ワイピープリエンティ、プロダクションH)では、ふてぶてしさと余裕が溢れる財閥3世の開発チーム カン・ジュノ代理に変身したコンミョンの姿が放送された。

カン・ジュノは、可愛い笑顔とスタイリッシュなファッションで初登場から注目を集めた。出勤途中エレベーターが止まるという突発的な状況で全く慌てることなく余裕の姿で目を引いた彼は、救急隊員たちの到着すると女性社員たちに快く自分の背中を差し出し、騎士道精神を発揮しセンスいっぱいの気配り男として浮上した。

この中、会食の席で偶然イ・ルダ(ペク・ジニ)がペク・ジンサン(カン・ジファン)へ愚痴を言う姿を見たジュノは、ルダに興味を持つようになった。彼女への関心で同席まですることになったジュノは、お酒に酔ったジンサンを一緒に抱え、楽しいのを持て余すあまり適当なラップを披露し見る人々を笑わせた。

このように、コンミョンはドラマの活力の源として初登場から視聴者たちに楽しさを提供し、存在感をアピールした。やんちゃな笑顔のコンミョンは、面白さ溢れる財閥3世カン・ジュノのキャラクターに完璧憑依し、ドラマに活力を与えた。特に、ふてぶてしくて図々しい4次元カン・ジュノの姿を違和感なく演じ存在感を誇示し、注目を集めたコンミョンは今後ドラマの中で披露する演技変身への期待感を高めた。

一方、図々しさいっぱいの4次元魅力富豪に変身したコンミョンが出演するKBS新水木ドラマ『死んでもいい(原題)』は今日夜10時放送される。


出処:マイデイリー