新規会員登録
ファンクラブについて
お問い合わせ
ID
PASS
*パスワードを忘れた方

"メロが体質"コンミョンの最初のスチールが公開された。平凡で穏やかな新入社員に変身、きらきらとした瞳で視聴者を魅了する。

26日に初放送されるJTBC新金土ドラマ'メロが体質'は三十歳の女性たちの悩み、恋愛、日常を描いたイ・ビョンホン監督のおしゃべりブロックバスター。コンミョンはドラマ制作会社に入社したばかりの新入社員"チュ·ジェフン"役を演じる。ドラマでハンジュ(ハン·ジウン)と最高の相性で多様な危機状況を乗り切っていく予定だ。

最近、映画"極限職業"を通じて思いがけないコミック演技で観客に笑いをプレゼントしたコンミョン。彼の演技スペクトラムは'メロが体質'を通じてさらに拡張される見通しだ。"覇気と情熱に満ちた青年"とジェフンを表現したコンミョンが"何でも頑張ろうとする新入社員だが、仕事への熱情のほかにもさまざまな魅力をもった人物だ"と説明した。また"純粋で明るい彼にも意外な事情がある"と語って、好奇心をかき立てたりもした。

今日(10日)公開されたスチールカットだけ見たら、ジェフンは守ってあげたい純粋美をもつ新入社員そのもの。さらに厨房でワタリガニを持って慌てた顔は無邪気にさえ見える。"極限職業"でチキンと深い(?)縁を持つコンミョンだが再びカニを持つようになった理由についても好奇心を掻き立たされる。そういえば、"極限職業"の末っ子刑事の名前も"ジェフン"だった。これに対し"イ·ビョンホン監督とまた一緒に作品ができるということが、メロが体質"を選択した最も大きな理由"と明らかにしたコンミョンは、"監督と共にするすべての時間がとても幸せだ"という撮影の感想を述べた。

最後にコンミョンは、"メロが体質"は見るすべての人が気楽に楽しく楽しめるドラマだ"とし、"ジェフンだけでなく目を向けることのできない立体的なキャラクターが描かれている。人物それぞれの魅力に集中すればさらに興味深いと思う"と楽しみ方まで伝えた。

親切な新入社員コンミョンの活躍が期待される'メロが体質'は、最近極限のコミック映画'極限職業'で1600万人の観客を動員したイ・ビョンホン監督が自分の特技である'言葉の味'コメディーを生かしたドラマだ。今夏、お茶の間の劇場でも極限の"笑い爆弾"が破裂するだろう。'補佐官'後続で、7月26日金曜日の夜11時JTBCで初放送される。

出処:スポーツワールド