新規会員登録
ファンクラブについて
お問い合わせ
ID
PASS
*パスワードを忘れた方

俳優コンミョンが作品に対する愛情の放送終了コメントを伝えた。

所属事務所のFantagioは29日午前公式SNSチャンネルに『メロが体質(原題)』放送終了のコメントを掲載した。

コンミョンは「初撮影を始めてからそんなに経っていない気分だがもうこうやって放送終了の挨拶をすることになって寂しい気持ちでいっぱいです」と放送終了について寂しい気持ちを表した。続いて「『メロが体質(原題)』は本当に最後ということが実感できないほど僕にたくさんの余韻を残してくれた。ドラマでのいろいろなストーリーは僕が経験していなかった新しいことに出会ういい機会だった」とドラマに対する思い出を伝えた。また「ジェフンを通じて僕が理解できなかったいろいろな感情を学ぶことができて僕自身ももっと成熟することができた」とキャラクターに対する愛情も見せた。

最後にコンミョンは「今まで『メロが体質(原題)』を愛してくださった皆さんに感謝します。何よりコンミョンとチュ・ジェフンを成長させてくれたイ・ビョンホン監督と先輩俳優の皆さん、同僚の皆さん、そしてスタッフの皆さんに感謝します」とドラマのために力を合わせた皆さんに感謝の気持ちを伝え「これからずっと努力と成長し、もっといい姿を見せることができるコンミョンになります」とコメントを終えた。

JTBC金・土ドラマ『メロが体質(原題)』でコンミョンは自分が演じたキャラクターチュ・ジェフンが持つ様々な姿を飾らず率直に描いて視聴者たちの心を奪った。

特にコンミョンは新入社員としてまだ慣れないけれど本人が持つ能力以上を生み出すジェフンを演じ視聴者たちに若者の熱いエネルギーを見せた。また明るい顔の裏で非常識的な恋愛という少し苦しい事情を隠しているキャラクターの正反対を淡白で繊細な演技で目立たせた。

ドラマと映画の作品を行き来しながら活動してきたコンミョンは『メロが体質(原題)』を通じて立体的なキャラクターの様々な姿を自分のキャラクターとして自然に描いて安定的な演技力を見せ、多彩な魅力の20代俳優としての地位を確立した。


出処:スポーツソウル